木曜生まれは旅に出る。

旅どころか布団からあまり出ません。

眠美ちゃんとわたし。


f:id:natsukitchen:20200806044946j:image

眠気……それはわたしとなかなか仲良くなってくれないお友達のようなもの。
眠美ちゃんと呼ばせていただこう。

 

10年来のうつ病とセットで不眠症も患っており、夜は3種の睡眠薬を飲まないと眠美ちゃんが遊びに来てくれない。
しかも眠美ちゃんはわたしのことをそんなに好きではないので来てもすぐに帰ってしまう。
眠美ちゃんが来ているピンポイントのタイミングを逃さず眠らなければならないのだ。
そうでないと薬を飲んでいてもこういった時間まで目が冴えて眠れないのである。

 

しかしわたしも人間なのでそのうちに限界を迎えて電池が切れるように眠るわけで、それが朝の8時だったり昼の12時だったり夕方の16時だったりする。
そうするとまた夜の眠美ちゃんは足が遠のくので、大弱りなのです。

 

最近はコロナ禍も相まって完全にひきこもっていて、ろくに散歩にもホットヨガにも行かずに22時間くらいベッドの上にいる。
引っ越ししてから部屋の居間スペースの居心地が非常に悪く長居できないので仕方なくベッドにいるのだ。
よって身体を縦にしている時間がほとんど無い。
みんなが出勤だテレワークだと頑張っている中、我ながら人としてどうかと思う。
とまあとにかく動かない生活なので疲れもしないというのも眠美ちゃんが来ない一因である。

 

今日も眠美ちゃんは一瞬で駆け抜けていってしまって、わたしはやることも無くなって本当に久しぶりの日記を書いてみることにしたのであった。

 

眠れるかどうかに関わらず、現在朝9時に友だちがLINEで起こしてくれることになっているので、あと5時間ばかりの時間をどう過ごすか本当に困っている。

 

眠美ちゃん、帰ってきて……5時間でいいから寝たいよ。

コロナ禍で友だちと会えません。つらい。

あけましておめでとうの次が新型コロナの話になるとは。

いやー、思いもよらなかったな。

どんだけ書いてないんだ。サボりすぎたね。

 

 

もともと超インドアな人間でいまは仕事もしていないので外出できないことはそこまでじゃないけれど、友だちと会えないのが!つらい!!

わたしは友だちに生かされているので、会えないのが!ほんとうに!つらい!

 

つらすぎて毎日ぬか床とケフィアグレインに話しかけております。


f:id:natsukitchen:20200514192156j:image


f:id:natsukitchen:20200514192239j:image

ぬか漬けいろいろ。


f:id:natsukitchen:20200514192348j:image

 

はー、友だちに会いたい……。

 

 

うつ病とか、メンタル弱ってるひとはヨガをやるといいよ。なぜなら……


f:id:natsukitchen:20191201191231j:image

12月からホットヨガ再開しました。

ちょっとしたジムエリアも使えるので傾斜早歩きと筋トレもがんばります。

 

わたしはうつ病で豆腐メンタルなんだけど、ヨガ、すごくいいのでメンタル弱ってるひとにおすすめ。

 

なぜかっていうと、1時間ヨガやるのに必死で余計なこと考えずにいられるから。

副交感神経が優位になって……とかそういう理由もあるんだろうけど、もっと単純に、考える余裕がなくなるのよ。

ヒーリングBGMにかき消されそうなインストラクター先生の声に耳をそばだて、先生の言うとおりのポーズを想像し、硬い身体をどうにか動かしてポーズを取る。

 

もうね、ほかのこと考える余裕とか、ないから。

将来どうしよう、とか、お金ないつらい、とか、今夜も眠れなかったら嫌だな、とか、いつも考えてるマイナスなことも、ホットヨガのときだけは、きれいさっぱり忘れられる。

そんなことより左足を乗っけた右足をお腹に近づけるってどうやるのよ!!みたいなことで頭がいっぱいになります。

 

わたしは慢性的運動不足に加えて極めて硬い身体を持っているので、リラックスのポーズですら軽い筋トレレベルの苦行。

ほんと、ほかのこと考えてらんない。

床に大の字になるポーズのときくらいかな、リラックスできるの。

そのときも苦行からの解放感を味わうのに忙しくて暗いこと考えないで済む。

 

ヨガのあと、ジムエリアで傾斜ウォーキングをテレビ観ながら20分やったけど、ヨガのときみたいに無心にはなれず。

 

やっぱヨガだわー。

(ボクササイズやエアロビクスなどコーチの言うとおりに身体動かす系なら同じ効果がありそうだけど)

 

メンタル弱ってるひとにはヨガおすすめするよ。

 

 

 

たまには贅沢ランチでコース料理を食べてもいいんじゃない。

グランメゾン東京に感化されてフレンチのコース料理が食べたい病になりました。

しかし我に財無し。

フレンチビストロのランチコースくらいならなんとかなるかな?と一休レストランを検索。

最近一休に頼ることが多い。

restaurant.ikyu.com

見つけました、コスパよしのランチを。

新宿西口のビストロ。

restaurant.ikyu.com

 

ワンドリンク付きだったので、まずはスパークリングワインで乾杯。 
f:id:natsukitchen:20191124004247j:image

 

で、本日のメニュー。

f:id:natsukitchen:20191124002454j:image

 

自家製アップルバターとフォアグラパウダーが乗った薄切りのパン。

f:id:natsukitchen:20191124002619j:image

アップルバターがこってりしてて◎。

 

真鯛カルパッチョ
f:id:natsukitchen:20191124002746j:image

真鯛が厚切りで食べ応えがあった。
f:id:natsukitchen:20191124002809j:image

ビーツのポタージュスープ。
f:id:natsukitchen:20191124002835j:image

なめらかで口当たりが良い。

 

カジキマグロのポワレ
f:id:natsukitchen:20191124002912j:image

ソースが美味しい。カジキマグロなのにパサパサしてなくて良い。
f:id:natsukitchen:20191124002934j:image

 

和牛のカイエット。

f:id:natsukitchen:20191124002959j:image

肉汁じゅわで美味しかった。

肉料理の下に常にマッシュポテトを敷いて欲しい派に嬉しい。
f:id:natsukitchen:20191124003035j:image

 

トンカ豆香るプリン。

f:id:natsukitchen:20191124003107j:image

 

ほんのり豆の風味が漂うプリン。固めで良い。紅茶との相性もばっちり。
f:id:natsukitchen:20191124003144j:image

 

こちらのコースにパンが付いて2500円。

コスパの良い贅沢気分のランチができました。

我々のような庶民にはこれが贅沢なのですよ。

 

ごちそうさまでした。

『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』は前半眠くて後半泣いた。


f:id:natsukitchen:20191122021434j:image

映画すみっコぐらしを観てきました。

sumikkogurashi-movie.com

 

すみっコたちは一切しゃべらず(セリフが表示されることはあっても)、井ノ原快彦さんの穏やかなナレーションでストーリーが進みます。

 

これが、罠でした。

イノッチの穏やかボイス、とてつもなく眠気を誘う……。

正直、映画の前半は夢うつつでした。ほぼ寝てたごめん。

なんとか眠気を振り払って後半。

 

いやー、泣いたね!!

(前半寝てたけど)

ひよこーーーーーー!!!

(前半寝てたけど)

ひよことぺんぎん?の涙がもう!!!

(前半寝てたけど)

 

隣の席のおひとり様男子も、服の袖がくしゃくしゃになるくらい涙を拭ってました。

 

とても良い映画でした。後半。

 

 

知らないうちに甥っ子が増えていた話。


f:id:natsukitchen:20191116032720j:image

↑これは上の甥っ子。たしかいま5歳だと思う。

 

わたしには5歳下の妹がいる。

妹は既婚で子どもは男の子が一人。

……のはずだったんだけど、昨日もう一人男の子が生まれたらしい。

 

らしい、というのはわたしと妹が疎遠だからなんの前情報も入ってこなかった上に、出産の知らせもこれまた疎遠の母親から正月ぶりに来たLINEで知ったからである。

 

妹とは去年の5月、祖母の四十九日に会ったきりで、LINEも去年の6月以来音沙汰はないし、母親に至っては2年以上会っていない。

二人とも隣の市に居を構え、電車とバスで30分かからないところにいるのだが。

 

母親とは昔から合わなかった。完全に無理。

うちの家は昔から母親・妹VS父・わたしの構図でできていたので、母親は守ってくれる存在でも優しい存在でもなんでもなく、敵であった。

※この辺の話はすると長くなるので今回は省く。

 

妹とも仲の良い姉妹であったことは特にない。まともに話をしたことがあったかどうかも定かではない。

恋バナや自分が考えていることなど、友だち同士でするようなレベルの会話もほとんどしたことがない。

一緒にカラオケに行ったり食事をしたり誕生日プレゼントをやりとりしたことが数回あった程度で、結婚も決まってから相手を紹介されたし、子どもができたことも家を買ったこともすべて事後報告だ。

今回は本人からの報告すら無かった。

一応お祝いのLINEは入れておいたが、子どもの写真が送られてくるでもなく、名前を教えてくれるでもなく。

 

ともあれ、甥っ子が二人になったことは事実のようだ。

子どもが大好きで友だちや従姉の子を目の中に入れたいくらい可愛がっているわたしだが、妹の子二人を可愛がる機会が壊滅的に無いので(見に来て!遊びに来て!という誘いも一切ないし)このまま疎遠を貫くことになりそうだ。

 

金に余裕があればお祝い事のときに金一封やプレゼントを贈る程度のことはしてやりたいが、なんせわたしには金がない。

四十を目前にして貯金ゼロ、月の予算は使い切りのその日暮らしなのだから、なんの余裕もないのです。

情けないがそういうことなので勘弁してほしい。

 

2年以上も顔を出していなかったので、さすがに来年の正月は実家に行こうと思ってるけど気乗りがしないどころか憂鬱である。

 

仲が微妙な家族との距離感って難しいですね。